Message from Dennis Banks

Once again Fukushima is in the world news this week.
The news is not about the progress of the clean up from the tsunami damage of two years ago,
but of more electrical problems that shut down the cooling of the spent rods.
TEPCO said there is no danger!
Should we now believe their words now after they kept the world from the truth of the damage two year ago?

A forensic examination is needed not more cover-ups.
Meanwhile we still offer our prayers to the victims of two years ago who lost their homes and the many lives lost.
We pray for Japan at this hour.

 

デニス・バンクスから

今週は再び「福島」が世界のニュースに登場しております。
しかしそれは、2年前の大震災による原発事故後のクリーンアップの進展についてではありません、
使用済み燃料プールの冷却システムの復旧に関してです。
東京電力は危険は無いと言います。
2年前のダメージを世界の目から覆い続けた彼らの言葉に耳を傾けるべきでしょうか? 
更なる隠蔽より公的検証が必要です。

それまでは2年前に家を失った人たち、亡くなった命への祈りを捧げたいと思います。
今この時、私たちは日本のために祈ります。



元のページへ戻るにははブラウザのバックボタンをご利用ください。